効果効能はルミガン?外用薬のグラッシュビスタ

グラッシュビスタは厚生労働省から製造販売承認を受けた、日本で唯一のまつ毛貧毛症治療薬です。
開発したのはアメリカの製薬会社ですが、現在では日本で製造販売が行われています。
まつ毛貧毛症の改善には多くの場合、専用の育毛剤などを用いますが、それらは周辺の環境を整えるだけで、直接的にまつ毛を伸ばす作用までは期待できません。
グラッシュビスタは確かな効果が期待できる唯一の医薬品です。

グラッシュビスタの有効成分はビマトプロストで、含有量は0.03%となっています。
ビマトプロストはもともと緑内障の治療薬として開発されたもので、眼圧を下げる作用があります。
この薬を点眼するとまつ毛が伸びるという副作用が発見され、まつ毛貧毛症の薬として応用されるようになりました。

まつ毛貧毛症になる原因は生まれつきの場合もありますが、メイクや化学物質でダメージを受けたり、薬の副作用でまつ毛が抜けたりする場合もあります。
いずれの場合にもグラッシュビスタは効果があると、厚生労働省も認めています。

グラッシュビスタは外用薬で、内服や点眼をすることはできません。
基本的な使い方は1日1回、専用の使い捨てブラシを利用して、上のまつ毛の根本に薄く塗ります。
瞬きをすれば薬液が付着するので、下のまつ毛に塗る必要はありません。
塗りすぎると色素が沈着して目の周りが黒ずむことがあるので、適量を守るよう心がけてください。

グラッシュビスタはまつ毛のヘアサイクルのうち成長期を延ばし、1本1本のまつ毛を太く長くする作用があります。
また臨床試験でまつ毛の密度を濃くする効果も認められています。
ただし使用をやめると徐々に元へ戻っていくため、美しいまつ毛をキープするには使い続けることが大切です。
なおグラッシュビスタには防腐剤が含まれているので、まつ毛に塗る際にはコンタクトレンズを外してください。
ほかの目薬を使うときは、5分以上の間隔を空ける必要があります。

一見同じなルミガンとの違いは?

ルミガンはグラッシュビスタと同じくまつ毛貧毛症の治療に使われる外用薬です。
有効成分はビマトプロストで含有量は0.03%と、まったく同じ薬のように見えます。
アメリカで開発され、現在では日本でも製造販売が行われている点も、グラッシュビスタと変わりありません。
ではどこが違うかというと、厚生労働省の認可した効能が異なっています。

ビマトプロストは緑内障の治療薬であり、ルミガンはこれをまつ毛貧毛症の治療に応用したものです。
そのため日本の厚生労働省では、ルミガンを緑内障の治療薬として承認していますが、まつ毛貧毛症の治療薬とは認めていません。
一方のグラッシュビスタは、成分は同じですが最初からまつ毛貧毛症の治療薬として発売された薬です。
そこで厚生労働省では、グラッシュビスタを唯一のまつ毛貧毛症治療薬として承認しています。

以上のことから、ルミガンを緑内障の治療に用いる場合は保険が適用できます。しかし美容目的で使う場合には保険適用になりません。
グラッシュビスタははじめから美容目的なので、保険は適用できません。もうひとつの相違点は、万が一副作用が起きたときの補償です。
グラッシュビスタの処方を受けて健康被害が起きたときは、法に基づく救済給付が受けられます。
けれどもルミガンをまつ毛貧毛症の治療に使って副作用が起きても、目的外の使用なので救済の対象にはなりません。

このようにグラッシュビスタとルミガンは、法律的な面で微妙な違いがあります。
中身は同じなので効能に違いはありませんが、海外製のジェネリックなども含めると、価格や入手のしやすさはまちまちです。
使い勝手の良さを考えて、自分に合ったまつ毛育毛剤を選んでください。