もちろんある、ルミガンとケアプロストの副作用

まつ毛育毛剤であるルミガンやケアプロストには他の薬同様に副作用があります。
ルミガンの主な副作用は充血・色素沈着・かゆみ・多毛化などがあげられます。
効果を期待して必要以上にたくさん塗ってしまうとはみ出した部分にメラニン色素の沈着がおき、茶色に変色してしまうことがあるので注意が必要です。
はみ出してしまった場合にはティッシュなどでふき取ることが大切です。

ケアプロストの副作用としてはもともと血管拡張作用があるため目の充血やかゆみが気になることがあります。
配合されている成分の中にメラニンを活性化させる効果があるためルミガン同様メラニン色素の沈着に気を付けて使用する必要性があります。
人によってはドライアイの悪化やごくまれに眼球の色が変化してしまった方がいます。
使用中は体の変化に注意しておくと良いでしょう。

いずれも妊娠中の方や授乳中、小児に関しては安全性が確認されていないため使用しないで下さい。
ルミガンの場合では死亡胎児や早産の危険性が高まるほか、無事出産したとしても新生児の体重が減少するなどの胎児の発育に影響がでるというケースがでています。
妊娠中や授乳中は子供に影響がないタイプのものを利用するようにして下さい。
敏感肌や目の病気などで治療中の方は肌荒れが起きてしまうことがあるのでおすすめできません。

もともとは緑内障治療薬として開発されたものなので眼圧低下が起こることがあります。
また、まぶたの痩せが起こる方もいます。
人によっては二重になったり、まぶたの脂肪が減ることで目がぱっちりとしたという方もいますが使用を中止すると元に戻ることもあるのでこの症状を目的に使用しないで下さい。

目がゴロゴロするなど使用後に違和感を感じた場合には早めに医師に相談しましょう。
1日1回1滴以上は使用はさけ、メイクを落とした後に清潔な手で取り扱うことが大切です。
成分が変化してしまうこともあるため冷蔵庫や直射日光の当たらない場所に保管しましょう。

メラニン色素が沈着するとどうなる?

肌に出てきたメラニンはお肌が生まれ変わるターンオーバーによって剥がれ落ちて行きますが、過剰に作られたメラニンがターンオーバーに乱れと伴い表皮細胞に留まると色素が沈着します。
シミとしてお肌に定着してしまうので、ターンオーバーの周期を正常に維持することが大切です。
加齢などによって周期が衰えたりメラニンが含まれた古い角質が残ることが多くなり角質がゴワつくこともあり、お肌全体がくすんで見えることもあります。

ルミガンやケアプロストを塗るとまつ毛が伸び太くなる効果があり、まつ毛の成長を促進するなどのメリットがありますが、メラニン色素の生成をも促す作用があり使用際は色素沈着などの注意が必要です。
メラニンを活性化する効果もあり、皮膚に付着することでまぶたが黒ずむこともあるでしょう。
ルミガンなどを使用する場合は使用方法をしっかり守ってまつ毛以外に付着しないようにすることが大切です。
ついた薬剤はきちんとふき取ることで副作用のリスクを抑えることができます。

特に妊娠中の人や授乳中の人が使用する場合はなるべく控えた方が良く、医師と相談することをおすすめします。
小児が触らないような場所に保管しておき、適切な管理が必要になります。
副作用として人によっては充血したりかゆみなどが発症する人もいるので、何かしら異変を感じたらすぐに医師に相談すると良いでしょう。
心配な人は口コミを見てケアプロストを選ぶことをお勧めします。

インターネットにあるジェネリック医薬品サイトを利用すると、比較的リーズナブルな価格で購入することが可能です。
使用上の注意をきちんと守ることによって、美しいまつ毛に整えることができ色素沈着せずにきれいに仕上げることができるでしょう。
幅広い世代の人が利用している人気の商品です。